情報セキュリティ基本方針

目的

当社は高度情報社会の進展に社業を通じて社会貢献していくためには、お客様及び当社の情報資産を社内外からの脅威から保護・管理していくことが極めて重要であると考え、下記の「情報セキュリティ方針」に沿い、環境を整備し、役員および従業員への周知徹底を行い、情報資産の保護を実現する情報セキュリティマネジメントシステムを構築いたしました。
当社が守るべきルールを順守し、問題を未然に防止し、各々の情報資産についての認識をさらに高め、顧客満足の実現にむけ、本システムを運用し継続的に改善いたします。

基本原則

当社として守るべきもの

  1. 顧客(企業・団体)に関する機密情報
  2. 顧客、協力会社および当社(個人)に関するプライバシー情報
  3. 弊社業務ノウハウ

認識する主な課題

  1. 不正アクセスによる情報流出
  2. 部外者による物理的手段での情報流出
  3. 社内就労者よる背任行為
  4. その他、業務遂行上想定される情報セキュリティ上のすべての問題のうち、十分な費用対効果を望める対策の存在する課題

対策方針

  1. 情報セキュリティ上の問題を抱えない人材によって業務を遂行できるよう配慮する。
  2. 顧客に信頼を提供するための対策を、業務遂行と矛盾しないように実施する。
  3. 社内就労者が背任行為を行いにくい状況を創出する。
  4. 法規制に対してこれを遵守する。

対策範囲

  1. 対象組織:総務部(総務課、品質管理室)
    営業統括部、システム統括部(佐渡システムセンター除く)、ソリューション統括部(カスタマーエンジニアリンググループ除く)
  2. 対象業務:受託ソフトウェアの設計開発および保守、コンピュータシステムのシステムインテグレーションサービス

情報セキュリティに関するコンプライアンス

各種関連法令や規制の要求事項について配慮し、情報セキュリティマネジメントシステムを構築する。
並びに契約上のセキュリティ義務への適切な対応をおこなう。

罰則等

法令規制要求事項および社内規定に違反した場合、就業規則などにより罰則を適用する。

制定 2009年 11月 1日
改定 2014年 10月 1日
日本通信機株式会社
代表取締役 松見 厚