EXPLANNER/Z 会計

会計


利用者が効率よく業務を行なえるように、仕訳の性質に合わせた入力画面(振替仕訳・入金伝票・出金伝票・

配賦伝票の入力)や定期的に発生する伝票を容易に入力できるように仕訳テンプレートや定期仕訳処理などの

機能を提供します。

また、予実対比や月次・四半期、取引先、プロジェクト、セグメントなどの切り口に加え、予測仕訳、

非会計仕訳、多段階配賦などの管理会計機能も充実しています。


機能関連図

煩雑な入力手続きを簡略化

毎月・毎期に発生する同形式の伝票を繰り返し作成する必要がありません。

あらかじめマスターに仕訳パターンや生成タイミングを設定しておくことにより、生成のモレや科目/金額の

間違いなく仕訳を作成することができます。

管理会計用抽出キー項目として豊富に設定可能

勘定科目・補助科目・部門・取引先などの基本項目にプラスして別の残高管理項目として利用することができます。

仕訳伝票明細に最大10種類のセグメントを保持できます。
 

会計期をまたいだ期間での残高管理が可能

各財務諸表は、会計期間の中での発生/残高の動きを表しますが、プロジェクトコードが設定された伝票データに

関しては、会計期をまたいだ期間での残高管理ができます。

運用に合わせて自由に帳簿追加が可能

実績・決算・配賦仕訳を管理する必須帳簿と、IFRS帳簿や見込帳簿など自由に追加可能な任意帳簿を管理しています。

この帳簿データの組合せにより、配賦処理前帳票、配賦後帳票などと簡単な切換えで様々な視点からの残高管理が

できます。

実績/予定データから資金繰情報を管理

振替伝票から資金取引を自動判定した資金繰実績情報と、債権/債務システムからの入金予定/支払予定を加味した

予定情報を 帳票「資金繰実績・予定表」により管理可能です。

また、キャッシュ・フロー項目と勘定科目の関連付けをマスター設定することにより、帳票「キャッシュ・フロー

計算書」を間接法、または直接法で出力することができます。

各業務システムから簡単に仕訳連携が可能

各業務システムから自動仕訳生成用対象データを抽出します。データ生成後に仮仕訳データを作成し、会計システム

へ自動仕訳を自動生成することで本仕訳が作成され振替伝票となります。